★冬セール★ファッションウォーカーの人気ブランド ファッションセール

 

ジョリパットの単価について

ジョリパットは、内装にも外装にも使えて応用が利くだけでなく、ペンキのようにローラーで塗る事もできますし、吹きつけのようにスプレーする事もできます。

ジョリパットはもともとペンキのように粘性がありますから、吹付け仕上げでスプレーをする場合には、水で薄めて使用することになります。

しかも、耐久性があり色持ちも良いとくれば、家のリフォームをする際にはぜひジョリパットを使いたくなりますよね。

そんなジョリパットの気になる単価はどのぐらいなのでしょうか。

ジョリパットを製造販売しているメーカーのアイカでは、ジョリパットの単価を、1uあたり3200円程度だと発表しています。

この単価には、材料代と工賃などが含まれていて、300uの作業を行った場合の単価です。

この単価を高いと見るか安いと見るかは、ジョリパットを塗る範囲や場所などによる部分が大きいかもしれませんね。

ジョリパットを内装に使用した場合には、色や質感がそのまま長持ちするので、塗りなおさなければいけない周期ものびます。

その他にも、ジョリパットは太陽光線による色あせなどにも強いというメリットがあります。

ただ、一つの部屋の壁のみにジョリパットを使う場合には、職人さんに依頼すると、工賃でかなり費用がかかります。

ジョリパットをネットで購入して、日曜大工のように自分で仕上げるという方法も、楽しいかもしれませんね。

一方、外装にジョリパットを使う際には、一階建ての家屋の場合ならハシゴを使ったりして日曜大工やDIYとしてできる場合もあります。

しかし、2階建てや3階建ての家屋になると、自分達でジョリパットの作業をすることは危険です。

少し費用がかかっても業者へ依頼した方が賢明かも知れませんね。

フレッツ光 プロバイダ

 

ジョリパットの単価は、1u当たり3200円が相場のようですが、内装と外装とでは、その単価を安いと感じるか高いと感じるかには差がありそうです。