★冬セール★ファッションウォーカーの人気ブランド ファッションセール

 

多発性脳梗塞は高齢者の認知症の原因のひとつです

脳梗塞は、喫煙や肥満などの生活習慣、高血圧や糖尿病などの生活習慣病によって引き起こされることが多い病気です。

その中でも、小さな血栓が発生するラクナ梗塞が多発するのが多発性脳梗塞といいます。

脳梗塞はまず「重いめまい」「激しい頭痛」「ろれつが回らない」などの症状が現れ始め、後遺症としては麻痺などの運動障害、めまいなどの感覚障害、失語や失認をはじめとした高次機能障害などが残ります。

これらは、専門の施設で治療・看護を受けることで、回復がはやくなることがあります。

医師や看護士のほか、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーなどの専門スタッフのサポートを受けながらリハビリテーションを行っていきます。

例えば、嚥下障害が残る場合、誤嚥・むせ・窒息などの事故が起こる可能性があります。

症状に応じた食物形態を選びながら、段階的に嚥下訓練が行えるよう、専門スタッフのリハビリテーションプログラムに従っていきます。

多発性脳梗塞は、高齢者に起こりやすく、上記の症状に加えて認知症となるケースがあります。

認知症は、治療が難しい病気ですが、食事、散歩など毎日の規則正しい生活の動作や、絵画、手芸、工作、おしゃべりなどのレクレーションを通じて、脳を活性化させ、症状を安定させることが可能です。

脳梗塞は、生活習慣を見直すことで予防が可能です。

過カロリー、脂質過多の食生活を見直し、魚や植物性たんぱく質中心の日本食を取り入れたり、過度な飲酒を避けたりすることが大切です。

休息をとること、喫煙の習慣をやめることなども有効です。

フレッツ光 プロバイダ

 

脳梗塞は、生活習慣病が元になって発生することが多い病気です。多発性脳梗塞は、高齢者に起こりやすく、認知症の後遺症が出やすい病気です。