★冬セール★ファッションウォーカーの人気ブランド ファッションセール

 

腹式呼吸の練習方法

腹式呼吸は、息を吸った時にお腹を膨らませる準腹式呼吸方法と、息を吸った時にお腹を凹ませる逆腹式呼吸方法があります。

どちらも、鼻から息を吸って空気をお腹の腹腔に入れるような感じで行う呼吸方法ですよね。

どのような練習方法をすればマスターできるのでしょうか。

腹式呼吸の練習方法は、まずは息を吸った時にお腹の中へ空気を入れる準腹式呼吸方法から練習した方が簡単なようです。

まず、腹式呼吸を効果的に練習するために、椅子から立ち上がり、姿勢をよくして起立して見ましょう。

脚は開いても閉じてもどちらでも良いのですが、姿勢をピンとよくしてリラックスできる事が大切です。

姿勢が悪いと腹式呼吸ができませんから、姿勢はとても大切です。

次に、呼吸法ですが、片手をお腹に当てて、息を鼻から吸い込んだ時に、しっかりとお腹へ空気が入っている事を確認しながら呼吸をしてみてください。

女性の多くは、胸で呼吸をする人が多いので、息を吸うと胸が膨らむ人も多いようですが、胸ではなく、お腹へ空気を入れるようにしてみましょう。

空気を吐き出す時には、鼻ではなく口から。

口からフーッとゆっくりと吐き出し、お腹の中にたまっている空気を抜く感じで行って見てください。

最初は腹筋が痛くなったり、肩に力が入って肩がこったりする場合もありますが、できるだけリラックスしながら腹式呼吸を行うように練習しましょう。

準腹式呼吸をマスターしたら、同じ要領で、息を吸い込んだ時にお腹を凹ませる逆腹式呼吸にもチャレンジしてみましょう。

フレッツ光 プロバイダ

 

腹式呼吸の練習法は、まずは息を吸ってお腹が膨らむ順腹式呼吸から始めてみましょう。